わかりやすい相場だけを狙え!って言うけどさ

2013/12/22 カテゴリ:上達への道 コメント(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上がるか? 下がるか? あなたはどう見る?

FXの入門書や、相場のことを解説しているブログなどを見ると、
よくに初心者は「攻めやすい相場」、「わかりやすい相場」を狙えと
書かれた文面を目にします。

「うん、うん。確かにこういうはっきりしたトレンドが
出ている相場のほうが狙いやすいよな」

一緒に掲載されているチャートの切り抜きを見て思うものです。
だがしかし…!

それ終わったチャートですから!!

師匠の為替和尚もたびたび口にします。
「終わったチャートなら、なんとでも言える」

そうです。一番大事なのは、

チャートの右端でどう判断するか

結局これにつきます。


初心者に指導していて一番難しいのが、トレンドを判断させる方法。
そりゃあ、終わったチャートなら、明確なトレンドがわかりますよ。
でも、ずっと上げ相場が続いていたからといって、いつまでもそれが続くわけじゃないし、買いと判断したところで、下がるかもしれない。

「はぁ? トレンドなんて長期の移動平均線いれて、それの上下どっちにいるかを見ればわかるだろ」

こんな意見もあるかもしれない。
でも、移動平均線を使ったトレンド判断は、遅れがちになるし、
必ずドテンでやられる


終わったチャートで見れば「攻めやすい相場」、「わかりやすい相場」なのかもしれないけど、チャートの右端で見た時に、同じ判断ができるかどうか。これが上達できるかどうかの境目だったりする。
もちろん、自動トレード開発でも一番議論が多い点はここ。


今回のテーマは、「チャートの右端で見た時に、わかりやすい、攻めやすい相場とはなにか?」です。

 

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]

読者感謝オフ会のお知らせ

2013/12/19 カテゴリ:お知らせ コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

来る2014年2月15日(土)に、為替和尚@FX寺子屋の読者の方を交えてオフ会を開催したいと思います。
10名前後の小規模な集まりを想定してますので、飲食店などを借りて開催します。なお、参加費は実費(飲食費)のみを頂きます。
セミナーのような準備はしませんが、ゆっくりと心ゆくまで、
皆さんと為替の話ができればと考えています。

日 時:2014年2月15日(土) 夕方から
募集人数:10名前後
会 場:東京都内の飲食店 (人数が確定したら予約をします)
参 加 費 :5000円前後 (飲食費)

主 催:(株)トランスエッジ

当日は、為替和尚と吉田章太郎がホストを努めます。
お申し込みは、公式サイトの問い合わせフォームよりお願いします。
メールで連絡をしますので、必ず連絡のつくメールアドレスを
お知らせください。


原則的に先着順としますが、同日に多数のお申し込みがあった場合は、
抽選とさせていただきます。
(すでに、ご連絡を頂いている3名の方はお申込みの必要はありません)


公式サイト問い合わせフォーム:

http://www.kawaseosyo.com/about/index.html


※12/26追記
残り1名です。12/29締切ですので、参加希望の方はお早めに!

ええっ! トレードするのにチャート見るの!?

2013/12/16 カテゴリ:トレーダー コメント(5)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

l_099

突然ですが、あなたはトレードする時にチャートは見ますか?

「へっ!? 当たり前だろ」
「どこの世界にチャートを見ずにトレードする奴がおるねん」

こんな言葉が聞こえてきそうですが、世の中にはチャートを見ずに
トレードできる人もいるんです(その昔、うちとコラボセミナーした
ガジローって人もそのひとりかな)。


とは言え、全体の数で言えばかなりの少数派。
チャートを見ずにトレードする人は、iPhoneやiPadでもトレードできるので、「パソコンひとつで世界中どこでも金を稼ぐこと」ができる、従来の専業トレーダーよりは身軽なのが羨ましいですね。


チャートは見ませんが、レートは見る。
はたして、この状態でどんなトレードが出来るのでしょうか?

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]

今さら聞けないロットサイズと賭け金の違い

2013/12/09 カテゴリ:トレード全般 コメント(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今さら聞けないロットサイズと賭け金の違い

先日、友人と飲んだ時に、こんな質問を受けた。

吉田はFX専門にやってるから聞くけど、
レバレッジを上げると、なんで損益も一緒にあがるの?
イマイチ、賭け金との違いがよくわからない。

それ、だいぶ勘違い(笑)。


彼は株を長期ホールドするトレードしかしておらず、デイトレやスキャルのように、真剣にキャピタルゲインを取る勝負をしてきてない。
酒を飲んでいる上、2軒目の店ということもあり、適切な説明ができたか怪しいものだが、ロットサイズとレバレッジについて、いろいろと誤解があるようだ。これは、たまに雑誌やネットの記事を読んでも感じるのだが、

FXで破滅する奴は、レバレッジを上げすぎてるからだよ。
レバレッジ2倍とか10倍でやれば破産なんてしないよ。

これも勘違い。
レバレッジが高いか低いかではなく、あんたのロットサイズに問題があるの


ロットサイズは、よくギャンブルの賭け金に例えられるが、はじめてやる人に説明するときならまだしも、本格的に学び始めた後は、きちんとレバレッジとロットサイズ、証拠金について学んでおく必要がある。
なぜなら、これはリスク管理に通じるから。

 

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]

モノにするのもすべてあなた次第!

2013/12/02 カテゴリ:上達への道 コメント(5)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

諦めたらそこで終わりですよ

人に何かを教えるというのはほんとうに難しいですね。
だって、主導権は教えを受ける側が握っているわけですから。

はっ? 逆だろ。普通は教える側が主導権を握ってるんじゃないの?

たしかに、一面的に見ればそう。
でも、実際は教えを受ける側がどれだけやる気になってるか?


なんか、意味のワカラン出だしですが、実はこれは小学校5年生の息子の話なんです。息子は来年6年生になり、再来年私立の中学を受験します。中学受験自体は本人たっての希望なんですが、5年生になってから学校の宿題も増え、塾の課題を消化しきれなくなってきたのです。
決してサボっているわけではなく、塾のある日は16:30に学校から戻ると、すぐに塾に行き、21時過ぎに帰ってきます。その後、夕食とお風呂を済ませたあとに、学校の宿題、塾の課題と取り組み、寝るのは23時です。

土曜日は朝から晩まで塾の補講と自習室での学習に当ててます。


頑張っているにもかかわらず、課題の消化が追いつかず成績は落ちていく。
そんな状況を見かねて、吉田やうちのかみさんが、「辛いなら私立中学受験は諦めてもいいよ」というと、「まだ続ける、頑張る」といいます。
そこで吉田は、「中学受験は父(吉田)がやるんじゃない。お前がやるんだ。
納得の行くところまでやってみろ」と返しました。


おっと、気がつけばさらに訳の分からん話になりました(笑)。
「FXと小学校の勉強何の関係があるねん!」と思ったかた、実はあるんですよ。発端は、昨日の師匠のブログの記事です。


師匠(為替和尚)の指導方針は山本五十六の

やってみせ、いって聞かせて、させてみて、
誉めてやらねば、ひとは動かじ

という言葉に基づいてます。株式取引を勉強中のお父上に「やってみせた」ところ、「よく分からん」という回答を得てそれを記事にしました。その記事に対してコメントでたくさんの反響を頂きました。


昨日の師匠の記事は、そのコメントの中でも特徴的な人のものをとりあげて書いたのですが、これもまたいろいろな反響を頂きました。
師匠はコメント返しをせずに、直接記事にする人なので、記事にする前に吉田っちならどう答える? と聞かれたので、吉田なりの考えを記事にしてみたいと思います。


テーマは、「FXの学習はなにが適切か?」

 

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]