あなたはどっちを目指す? 相場の2つの頂点

2014/03/02 カテゴリ:プロトレーダーの思考 コメント(9)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたはどっちを目指す? 相場の2つの頂点

師匠(為替和尚)のことを知るものは、師匠のことを「強いトレーダー」と称する。顔は強面だし、腕っ節も強いし、いざとなれば頭皮による目眩ましも可能なのでたしかに強い。


……。という意味合いでなく、相場の世界で15年以上も生き残り、勝ち続けていることを評してのことだと吉田は解釈してます。


師匠と出会ってから、元インターバンクディーラーや個人トレーダーなど、
さまざまな人に会わせてもらいました。何億、何十億という実績を持っている人たちです。


ひとことで「相場師」とまとめますが、相場師には大きく分けると
2種類の人間がいることに気づきました。
それが「強いトレーダー」と「負けないトレーダー」です。

 

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]

絶対のない世界で絶対を求める!

2014/02/23 カテゴリ:上達への道 コメント(5)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

絶対のない世界で絶対を求める!

オフ会に参加された皆さん、コメントやメール有難うございます。
前回のオフ会の内容が、これからのトレーダー人生の中で「節」に
なってもらえれば、主催者冥利に尽きるというものです。


当日は、参加者の皆さんに

(1)現在のトレードスタイル
(2)現在取り組んでいるテーマ
(3)現在悩んでいること

この3つを事前に提出していただきました。
事前調査では、損失を逃がす技術=プランBに関心があるものの、ほとんどの人がプランA=エントリー根拠に自信が持てないことが伺えました。


まぁ当たり前ですね。プランAで結果が出ていれば、
プラス収支になっているはずですから。


オフ会の直後、読者の方から次のようなメールを頂きました。

和尚のブログでは5分足で流れを見て1分足で逆張り、とのスタイルでしたが、チャートを見ても「まさにそのとおり」・・だなと思います。


しかしながら自分は頭では理解できても、実際自分がエントリーしようとするときに、陰線で底を打ったのに続く陽線で下ひげが出ると、「ああ、しまった、ダマシだったのかも?」とおもってクリックすることができなくなってしまうのです。

 

結果、その後スルスルと上昇していき、「やっぱりあそこが押し目だったんだ~」と後悔するわけです。


和尚はそのような場合(エントリー直後に思惑と逆方向にサインが出た場合)どう判断されるのでしょうか?

この方にはメールでも返信をしましたが、返事がないのであえて取り上げさせてもらいます。こちらの意図を理解してもらう意味でも。

エントリーが絶対だと
思ってませんか?

100%ピンポイントでエントリーポイントをあてるなんて無理です。ごく一部のチャートと会話できる人を除いて(それでも100%ではないのです)。
世の中には100%というのはほとんどありません。


ある区間を区切って勝率100%だということは言えますが、不確定な未来のことを100%当てることは出来ないのです。未来予知が完璧なら、天気予報はズバズバ当たるし、地震予知も「今後50年間に80%以上の確率で…」なんて表現にはなりません。


この世界に「聖杯」なんてありません。
それは絶対のない世界で、絶対を求める行為です。
オフ会に参加された方ならこの意味は十分に理解してもらえたと思います。
一皮むけるには、確率論的に考える必要があります。

 

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]

わざわざ雪の中お疲れ様でした!

2014/02/18 カテゴリ:お知らせ コメント(9)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お疲れ様でした!

なにが?

雪の中、わざわざ来て頂き、お疲れ様でした!
去る2月15日(土)に、為替和尚@FX寺子屋のオフ会が開催され、
大雪で交通機関が麻痺しているにもかかわらず、参加して頂き
主催者としてホッと胸をなでおろしているところです。


残念ながら1名、熊本から参加される予定だった方が、飛行機が欠航したためこられませんでしたが、勉強会、懇親会をふくめて滞り無く開催することが出来ました。


3次会をふくめると、延べ11時間半にもおよぶ長時間お付き合い頂き、主催者冥利に尽きます。


あの勉強会が、皆さんのトレード技術の向上に役立てば幸いです。
ただ、師匠も雪の中来ていただいたことに感激し、だいぶいらんことまで言いましたので、他言無用でおねがいしますね(笑)。


ブログを続けられるのも、コメント等で応援していただける方たちのお陰です。今後も宜しくお願いします。

備えあれば憂いなしというけど、備えてますか?

2014/02/09 カテゴリ:自動トレード コメント(8)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

備えあれば憂いなしというけど、備えてますか?

先日、師匠(為替和尚)と自動トレードの打ち合わせをしました。
そろそろ実装段階に移る必要があり、現在集中審議中です。


1月でだいぶ設計も固まり、より具体的なレベルの話に移っています。先日の打ち合わせの中で、特に話題になったのが「どうすれば安定運用できるか?」ということ。


もちろん、ロジック面でのリスクもそうだけど、大事なお金を機械に預けるわけだから、万が一の事態が発生した時や、システムが正常に動作しているかをどう判断するか? つまり「フェイルセーフ」に時間を割きました。

フェイルセーフとは?

フェイルセーフ(フェールセーフ、フェイルセイフ、fail safe)はなんらかの装置・システムにおいて、誤操作・誤動作による障害が発生した場合、常に安全側に制御すること。またはそうなるような設計手法で信頼性設計のひとつ。これは装置やシステムは必ず故障するということを前提にしたものである。

引用元:Wikipedia

ひとことで言うと、安全装置ですね。


24時間365日運用するものなので、自動トレードをする場合には避けては通れない懸案事項なのです。
主に裁量トレードをしている人には、あまり関係がないかもしれませんが、ポジションがオープンの時に、サーバーに繋がらなくなったらどうしますか?
あるいは、目の前のパソコンが壊れたら?

これらを想定するのが、フェイルセーフなんですよ。


裁量トレーダーも、自動トレードほどではないにしろ、
万が一のトラブルに備えておく必要があります。

 

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]

あなたは枠組みがあるのとないのどっちが好き?

2014/02/02 カテゴリ:相場の考え方 コメント(8)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1133804_47640439

いきなりですが、質問!
あなたはどっちがやりやすいですか?

 

(1) あなたが料理人だとします。どっちがやりやすい?

  • おいしい麺料理を作って欲しい
  • この食材を使って、おいしい味噌ラーメンを作って欲しい

(2)あなたは芸術家だとします。どっちがやりやすい?

  • 何か人が感動するものを作ってくれ
  • みる人が感動する油絵を描いて欲しい

さて、どうですか?
唐突な質問でワケがわからないかもしれませんが、
この両者の対比が今回のテーマなんですよ。
つまり、「枠組み」の話なんですが、なんのこっちゃ? って感じですね?
答えは「続きを読む」のあとで。

 

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]