錦糸町の誓い 目標と決意

2013/01/04 カテゴリ:自動トレード開発奮戦記 コメント(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

錦糸町の誓い

新年あけましておめでとうございます。
新年になると、今年の抱負って書いたり宣言したりしますね?
しない? 駅伝見ながら酒飲んでる?

あかんでしょ。やはり、新しい年になったら、その年の目標を決めないと!

 

吉田は年明けに決めるわけじゃないけど、年末に1年を総括してから
次の年の目標を決めます。今年のテーマは「育成」です!

(なにを育てるかは皆さんの想像にお任せします……笑)

 

今日は目標設定にちなんだエピソードをば。

 

吉田と師匠(為替和尚)が、はじめから良好な関係ではなく、お互いに
手探りの状態から始まったことは、「自動トレードシステム開発の原点」
で語った通り。


でも、今は師匠は吉田に対して全幅の信頼をおいてくれる。
こうなるまでにはいくつものハードルがあったけど、最初のきっかけに
なったのが今回の「錦糸町の誓い」っていうエピソードなんです。

 

2009年9月某日のこと。

[続きを読む]

答えはどこにある?

2012/12/29 カテゴリ:為替相場の考え方 コメント(7)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本年最後の更新です。

答えはどこにあるのか?

2012年12月1日からはじまった、「FXで完全機械化は可能か?」は
皆さんのお陰でランキングサイトでもトップ25位にはいりました。
これからも、応援よろしくお願いします。
(やべっ! かみやんの直弟子に抜かれそう……。
こっちもポチお願いします…笑)

 

2012年は、かみやんの弟子入り指導からはじました。
かなりいい所まで行くようですが、玉操作で両建てになると熱くなって
どかんとやられるようです。このへんは、本人がいずれブログで語って
くれると思うので、楽しみにしてください。

 

今日は、今年最後ということで、自動トレードシステム開発を
プログラムを知らない人にもできるだけわかりやすいイメージ
で伝えてみます。

[続きを読む]

意思疎通に必要な条件は?

2012/12/27 カテゴリ:自動トレード開発奮戦記 コメント(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近の記事でなんどか登場した「パトリオットシステム」
このシステムは、2009年12月につくられたルールです。

 

しかし、パトリオットシステムは、チャートこそ1分足を使っているものの、
スキャルピングではなくデイトレードのシステムなんです!

意思疎通の条件は

もともと、師匠(為替和尚)のクローンを作るのがスタートラインなのに、
なぜこのルールの発案にいたったか。


今日はその背景をふくめて、吉田や師匠の歩んできた道を紹介しますね。

[続きを読む]

トレードルール作るその前に

2012/12/25 カテゴリ:数値化 コメント(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、今年も残りわずかになってきました!
年末モードでテンションが上がってきた吉田です。

トレードルール作るその前に

前回の記事「トレンドフォローの落とし穴」で、チャートを見ながら

「この部分が取りたいなぁ」
「ここのエントリーおかしいなぁ」

と試行錯誤をしてしまうと、どんどんロジックネジ曲がっていってしまう。
というお話をしました。

 

そこで、最後に「トレンドフォローのジレンマ」に陥る本当の原因を
考えてみてくださいと書きました。
どうでしょう、わかりましたか?

 

そもそも「トレンドフォローのジレンマ」が発生する原因は、「目の前のチャートにルールをあわせていってしまうこと」ですが、なぜ、こんな事をしてしまうのか?

 

今日はその答えを書きたいと思います。

[続きを読む]

トレンドフォローの落とし穴

2012/12/22 カテゴリ:機械化への道のり コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テクニカル指標を使って自動トレードのルールを定義する場合、誰もが一度はハマる落とし穴があるの知ってますか?

 

トレンドフォローシステムのジレンマ
吉田も師匠(為替和尚)も、この穴から抜けだせず、かなり回り道をしてきました(笑)。

 

この落とし穴は、自動にかぎらず、自分でトレードルールを作ろうとしているすべての人にもあてはまります。
しかも、それに対する対応策を講じていくと、さらに深みにハマるというタチの悪さです!

 

どんなメカニズムかわかりますか?

[続きを読む]