何かを学びたいときにしてはいけないこと

2013/04/07 カテゴリ:上達への道 コメント(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何かを学びたいときにしてはいけないこと

世の中には、これまでとまったく違う考え方をしないと
まったく理解できないものが存在する。
これはFXに限らず、いろいろな場面で見られますね。


ロバートキヨサキの金持ち父さんシリーズを読んだことのある人は
多いと思うけど、そこでたびたび語られる金持ちになる考え方は
給与所得者(Eクワッドランド)の人だと、真意が理解しづらいでしょうね。
(それでも大分、わかりやすく書いているので、斜めからとらえなければ理解できると思いますけど)


FXの世界はといえば、両建てやナンピンの有用性、通貨の相関関係に基づくトレードなんかは教科書通りの考え方では到底理解できないです。
まぁ、教科書を書いてる人自体がそれらの有用性に気づいていない
可能性もあるけど(笑)。


新しい考え方に触れるときは、してはいけないことがあります。
さて、それはなんでしょう?
続きを読む前に、ちょっと考えてみてください。

 

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]

奮戦記:先の見えないトンネルのなか

2013/04/03 カテゴリ:自動トレード開発奮戦記 コメント(6)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先の見えないトンネルの中

前回のあらすじ(ボラのないところを避けろ!)

ボラティリティのない区間が足を引っ張っていた。
この状況を解決するため、ボラティリティを定義するインジケータ(デッドバンド)を苦心して作成したが、完成したインジケータは裁量トレードでは有用だったが、自動トレードに利用するには課題も多かった。


デッドバンドの開発には、1ヶ月近い開発期間をかけたが、結局徒労に終わった。

吉田は、開発中の自動トレードシステム「トレーディングエッジ」をいったん凍結し、開発は完全に暗礁にのりあげた。


この時は、何をどうすればいいのかまったく手応えがなく、
まるで先の見えないトンネルにいるようだった。

 

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]

あなたは大丈夫? 投資詐欺

2013/03/31 カテゴリ:上達への道 コメント(7)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ニュースで「温泉権を餌に出資者から70億円をあつめ、集団訴訟に発展した詐欺事件」の報道がされてました。この事件はニュースサイトでは、2012年に扱われてましたから、ネット中心の人には今更って事件でしょうけど。


古いニュースなので一応報道の抜粋を・・・

 

東京地方裁判所に訴えを起こしたのは、いずれも東京・港区の健康食品などの販売会社「健康医学社」に出資を行っ た、13都道府県の25人です。 訴えによりますと、「会社は『温泉を利用する権利』などに出資すれば年5%程度の配当を支払うと勧誘したのに、約束した支払いを行わず、解約にも応じない」などとして、およそ1億6800万円の賠償を求めています。 原告の弁護士によりますと、出資者は全国で700人に上り、総額でおよそ70億円を集めたとみられていて、今月7 日には一部の出資者が裁判所に破産の申し立てを行っています。


ニュースソース:NHK(2012年)

 

こういう事件を目にするたびに、「人間はつくづく歴史に学ばない生き物だな」と痛感させられますわ。ここ10年に限定してもどれだけ投資話詐欺があったのか、忘れてるのかなぁ?

  • 円天L&G事件(円天というバーチャルマネー)
  • 法の華三法行(最高ですかぁ~!)
  • 和牛預託商法
  • ワールドオーシャンファーム(エビ養殖詐欺)

などなど。検索するとたくさん出てきますよ。
このサイトにまとめてありますね。
http://www.officej1.com/bubble/hookai-16.htm

 

今回はFXという投資をしているみんなに、儲け話に乗っかって詐欺に遭う人たちからどういう教訓を得ているかというのを題材にしてみたいと思います。

 

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]

あなたはチャートを見るのが好きですか?

2013/03/27 カテゴリ:上達への道 コメント(6)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャートを見るの好き?

突然ですが、質問!

「あなたはチャートを見るのが好きですか?」

好き? 嫌い?


実は以前にこんなご意見をいただきました。

好きじゃないと続けられないなんて、教える側の怠慢です。どうしたら好きになるかということにも責任を持つべきです。

知るかっ(笑)! これが子供に習い事を教える場合ならわかるけど、
いい大人がこれから習得しようとしている技術に対して、どうしたら好きになれるかまでフォローしてくれなんて、ムシがよすぎますね。


FXをはじめる理由にしても、周りの人がFXをやれと強制したわけではなく、自分自身の意志でFXをやろうと考えたはずです。
どうやったら好きになれるかは、その人自身が考えることです。


ちょっと前に、ウチのカミさんに「私もFXを始めてみようかな。仕事を続けるのがシンドイから家でやれる仕事にちょうどいいよね。」といわれました。その後話はいつの間にか職場の愚痴に変わってましたけど(笑)。


習いたいなら教えるつもりだけどね。
こういう「○○が嫌だからFXをはじめたい」という人、結構いるんじゃないかな?

でも、これって「今の会社が嫌だから私起業するね」ってぐらい無謀なことだったりします。


はじめは興味本位でも、自分の中に「強いモチベーション」を見つけないと、FXなんて習得できないです。なにせ95%の人間が5年以内に撤退させられる厳しい勝負の世界-鉄火場-ですから。

 

もう一度、最初の質問をしますよ。

「あなたはFXが好きですか? チャートを見るのが好きですか?」

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]

奮戦記:プロと素人の差はどこにある?

2013/03/24 カテゴリ:自動トレード開発奮戦記 コメント(6)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デッドバンド

前回までのあらすじ(ボラのないところを避けろ!)

これまで作ってきた自動トレードのルールに共通している欠点として、ボラがないところで負けていることだった。
そこで、今まで先送りしてきたボラティリティの数量化に挑戦し、苦心の末、デッドバンドというインジケータを作り出す。

しかし、デッドバンドは裁量トレードでは使えるが、自動トレードで使うには難しいことがわかった。

今回はデッドバンド開発中の期間の話である。


師匠である為替和尚は、ほとんど毎日のように吉田に電話をかけてきて、
スカイプを使いながらチャートの見方、トレードの考え方を説いてきた。
マンツーマンのトレード指導といったところか?


プロトレーダーからの直接指導といえば、みんながうらやむ状況かもしれないが、この時は考案する自動トレードシステムがどれも問題を抱え、勝ち組トレーダーのトレードルールさえあれば簡単に自動トレードシステムを開発できると考えていた吉田にとって、焦りばかりがつのる時期だった。

 

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]