トレーダーは投資家じゃない!

2014/04/13 カテゴリ:トレーダー コメント(5)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tradingscreens

トレーダーって人種は世間一般では「投資家」と見られてます。
でも、これって本当かな?


底の浅いメディアは、投資を株や証券、為替、先物と定義してます。
たしかにこれらにはマーケットがあり、その世界の成功者は普通にサラリーマンの生涯年収を超える巨額のお金を手にしています。


それこそ億万長者がゴロゴロいます。
億万長者=ミリオネアの定義はまちまちですが、サラリーマンの生涯年収を2億とすると、最低でも2人分の人生を送れるぐらい稼いでいると定義しましょうか(一時的に2億稼いでも、その後全部すってしまったのなら、それは単に収入の先食いなので)。


でも、読者の方はうすうす感じていると思いますけど、

トレーダーは労働者

なんです。


あぁ言っちゃった(笑)。
では、なんでトレーダーが労働者なのか?
その理由を説明しますね。

 

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]

ええっ! トレードするのにチャート見るの!?

2013/12/16 カテゴリ:トレーダー コメント(5)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

l_099

突然ですが、あなたはトレードする時にチャートは見ますか?

「へっ!? 当たり前だろ」
「どこの世界にチャートを見ずにトレードする奴がおるねん」

こんな言葉が聞こえてきそうですが、世の中にはチャートを見ずに
トレードできる人もいるんです(その昔、うちとコラボセミナーした
ガジローって人もそのひとりかな)。


とは言え、全体の数で言えばかなりの少数派。
チャートを見ずにトレードする人は、iPhoneやiPadでもトレードできるので、「パソコンひとつで世界中どこでも金を稼ぐこと」ができる、従来の専業トレーダーよりは身軽なのが羨ましいですね。


チャートは見ませんが、レートは見る。
はたして、この状態でどんなトレードが出来るのでしょうか?

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]

専業トレーダーと兼業どちらがいいか(まとめ編)

2013/03/16 カテゴリ:トレーダー コメント(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、専業トレーダーと兼業トレーダーどちらが成功するか?
また、どちらの方がいいかという記事を書きました。

 

専業トレーダーと兼業どちらがいいか
今回はテーマとしてはかなり重要なものなので、まとめとして記事を書きました。なお、回答ではなく、あくまでも吉田個人の意見なのでまとめです。この記事をもとに、いろいろと考えてもらえると幸いです。


専業と兼業って、どこまでもついて回る問題で、しかも読者の方の中にも専業トレーダーを目指している人もいると思います。
吉田の身近には弟子の「かみやん」がいます。彼は専業トレーダーです。
師匠の為替和尚は兼業です。


世の中は「専業トレーダー>>>兼業トレーダー」という風潮で、ほんとうにそれが正しいのか、あるいはどこかに落とし穴がないかを長いこと考えていました。


たぶん、専業トレーダーを上に見る風潮は、個人投資家として日本一のB.N.F氏の存在がデカイとおもいます。


彼の場合、アルバイトで貯めた160万を元手に、株のデイトレードを始め、1年で6000万まで持って行ってます。
底の浅いメディアは、J-COMの誤発注で大儲けした日本一のトレーダーとして紹介してますけど、吉田が一番すごいと思うのは、1年目の160万→6000万の部分です。


そんな凄腕トレーダーであるB.N.F氏にしても、ひとつ疑問があります。

 

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]

どっちがいい? 専業と兼業トレーダー

2013/03/12 カテゴリ:トレーダー コメント(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

専業と兼業トレーダー

世の中には専業と兼業があります。これは事業家の世界にもありますね。
簡単に説明するとこんな感じ。

「専業トレーダー」

トレードを生業とし、トレードで生計を立てる人。なお、証券会社や銀行に雇われてトレードする人(ディーラー)とは区別します。

「兼業トレーダー」

トレードでもお金を稼ぐ傍ら、主たる収入を別の仕事にたよる人のこと。
サラリーマン、自営業、フリーターなんでもいいですけど、トレード以外にも決まった収入のある人を指します。


さて、あなたはどちらでしょう? また、どちらの方がより成功しやすいのでしょうか? これが今回のテーマです。

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]