真贋混在。あなたの目は確かか?

2013/11/10 カテゴリ:上達への道 コメント(8)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギャラリーフェイク (C)細野不二彦

現代はかつてないほどの情報化社会と言われています。
これまで情報源といえば、書籍、TV、ラジオなどの特定メディアに限られていましたけど、ネットの登場によりちょっとかじった素人が気軽に情報発信できるようになりました。これはすごくいいことですが、その反面、まともに取り扱うと

一生かかっても無理っ!

ってぐらい情報が氾濫してます。
また、出版社もネット時代に新たな書籍の著者を、ブログなどで情報発信をしている個人に求めます(吉田もその影響で、3冊専門書を書きました)。


誰もが情報発信を出来るというのは、良い影響と悪い影響があります。もちろん、誰かが情報を統制している場合にも良い面と悪い面がありますけどね。


誰もが情報を発信できることの最大の問題は、嘘の情報、あるいは正しい情報が歪んで伝わっているケースが多いということです。


ここで求められるのは、あなた自身の情報や知識の真贋を見極める目。

情報の目利きができること

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください
[続きを読む]

あなたは2mのハードルを根性で超えられるか?

2013/10/06 カテゴリ:プロトレーダーの思考 コメント(5)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは2mのハードルを根性で超えられるか?

世界一の投資家ウォーレン・バフェットは言った。

成功できたのは、飛び越えられるであろう30cmのハードルを探すことに精を傾けたからであり、2mのハードルを飛び越えたからではない

ウォーレン・バフェットといえば、個人資産の世界ランキングで常にトップクラスの投資家です。この人が自分の成功について言及した言葉ですが、あれだけの実績をたたき出している人だけあって、その言葉には重みがあります。


これは言い換えると、「今の自分にできることを探す」と言えますね。
子供の頃は、家の壁でさえ崖のように感じられ、その先にあるものが見えませんでした。でも、背が伸びるに従って、壁の向こう側が見えるようになりました。


自分にとっての30cmのハードルは、いま乗り越えられるハードルであり、自分が大きく成長すれば、2mのハードルも30cmに感じられるようになると思います。


先日、師匠の為替和尚が、うちのカミさんにトレードのワンポイントレッスンをしました。これがウォーレン・バフェットの言葉とリンクしてるのです。

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]

エントリーの鉄則は人の不得手だった!?

2013/09/29 カテゴリ:上達への道 コメント(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エントリーの鉄則は人の不得手だった!?

先日、知り合いのトレーダーから相談を受けた。
いわく…

損切りをチャートの形に合わせると、リスクリワードが悪くなる。
みんなスキャルをどう処理してるの?

この人は普段デイトレードを中心としており、相場の動きが悪い時はスキャルに切り替えてトレード機会を増やしたいそうだ。また、最近、他のことで忙しいので、チャートを見ている時間を減らしたい。張り付くたくないというのが根底にあるらしい。


スキャルピングは、デイトレやスイングに比べるとエントリーのタイミングがかなりシビアになります。なにせ2~3pipsを抜く世界なので、早め早めのエントリーが求められるためです。
極端な例をあげるなら、ローソク足がどこかの節にタッチして、ヒゲをつけて戻ってくるポイントを売りで入り、ヒゲだけいただくようなやり方をする。
(これは、業者に嫌われるわな…笑)


エントリーの鉄則を言葉にすると凄くシンプルだ。

エントリーは適切なタイミングで、適切な方向に打つだけ

すごく当たり前。でも、実践となるとこれがむずかしい。

数カ月前からカミさんにトレードの指導をしてます。彼女のトレードを見ていて、エントリーの鉄則を実践することがいかに難しいかわかってきました。

 

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]

(´・ω・`)しょぼーん…。

2013/09/22 カテゴリ:読者からの質問 コメント(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しょぼーん

(´・ω・`)ショボーン……。
師匠(為替和尚)に叱られました。


発端は、前回の「FXはゼロサムゲームじゃない!」という記事についたコメントがきっかけです。この記事の中で、吉田はFXはゼロサムゲームですという結論をくだしたわけですが、中には実需に絡んだ玉もあるから、これはゼロサムゲームには含まれないのでは? という指摘です。


コメント欄でいろいろとやりとりしたのですが、後日師匠と会議をした後に酒を飲んでいる席で、

チャートの右端で判断するには
不要な情報やろ? まず、
その点をきちんと説明せんかい

とこっぴどく叱られました。
師匠が言うには、数週間ポジションを保持するような長いトレードならまだしも、スキャルピングやデイトレには、そんな情報はいちいち気にしていないという指摘です。


いや、ごもっとも。
これには反論の余地もなく、反省しっぱなしです。
トレーダーとして飯を食っていくには、その情報がほんとうに
必要な情報なのかどうか、きちんと見極めていく必要があります。

 

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

 

[続きを読む]

FXはゼロサムゲームじゃない!

2013/09/15 カテゴリ:読者からの質問 コメント(9)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

読者の方から公式サイトにお問い合わせがありました。FXはゼロサムゲームじゃない?

為替はゼロサムゲーム?
おまえバカじゃねーの?
究極的には国がリスクを背負うんだよ。
スイス中銀のように。
しったかぶってんじゃねーよ、タコ坊主。

(原文ママ) 

匿名希望の方です。
はい、言葉遣いはまったくなってませんが、FXがゼロサムゲームか否か? リスクを中央銀行が負うという意見は面白いので、ブログで取り上げることにしました。


提案は2つあります。

  • ひとつ目は「為替(FX)はゼロサムゲームじゃない」
  • ふたつ目は「最終的なリスクは国が負う」

この2つを検証してみたいと思います。

 

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]