もしかして、これってトレードルールの作り方(2)

2014/05/11 カテゴリ:トレードルール コメント(5)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もしかして、これってトレードルールの作り方(2)

さて前回の続き! (前回の「トレードルールの作り方(1)」)

前回は、なぜトレードルールを作る必要があるのかを説明しましたね。
トレードルールを作る必要性をひとことで説明するなら、

勝ち負けが存在しない世界に、
勝敗を持ち込むこと

これだけです。

どうなったら「勝ち」で、どうなったら「負け」なのか?
常に意識すべき問題です。


だって、相場の世界には「含み益」と「含み損」が存在するので、

「すげー! こんなに利益が出てる! 後ちょっとで大台だぁ」

「ああ! なんでこんなに目減りしてるの。あの時利食っとけばよかった…。とほほ。」

あるいは

「なんでエントリーするとすぐ逆に行くかな。仕方がない、もう少し損失が減ってから損切りするか。」

「うわーん。なんかマイナスが倍になってる。切るべきか? いや、この流れなら、半値まで戻るはずだ。」

「…あかん。とても切れるレベルじゃない。塩漬けにするか…。」

こんな光景が世界中で繰り広げられてるとか(笑)。
だからこそ、まず「勝ち」「負け」を定義することが大事。
トレードルールというと、エントリー方法ばかりに固執するけど、
むしろ重要なのはこっち。


さて、第2回目は、具体的なトレードルールの作り方に入ります。
でも、チャートを開く前にすることがあります。
というより、チャートはまだ開いちゃダメ!

 

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]

もしかして、これってトレードルールの作り方(1)

2014/05/03 カテゴリ:トレードルール コメント(8)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014-04-30_092759

ブログのコメント欄だけでなく、公式サイトの方にもいろいろと質問をいただくのですが、「○○を教えて欲しい」という人が結構います。
質問者は真剣に自分が抱えてる問題はこの部分ですと訴えているのですが、
吉田からするとピント外れな内容ばかりなんです。


まぁ、自分のスタイル、ルールが確立できているなら質問なんてしない
だろうから、当たり前なんですけどね。


公式サイト師匠のブログ(5pips上等!)、うちのブログでくり返し
トレードを題材に扱ってきましたが、どうも肝心な部分が伝わってない
ような気がします。

情報が断片的? 自分の事例に当てはめづらい?

当たり前でしょ。無料で出してる情報なんだから。
それでもそれをつなぎ合わせれば、答えに近づけるだけのものを書いてるつもりですが、わざわざ質問をくれる人は、ちゃんと読んでくれてないのかなという感じを持ちますね。


ただ、うちで推進しているプロジェクトが、自動トレードシステムの開発である以上、踏み込んだことを書くとそのものズバリが出てきてしまうので、
そこはある程度ぼかして書くしかないわけです。
(機械が利益を出せるということは、現金製造機と同じですからね)


とはいえ、最近の師匠のブログもそうですが、ちょっと抽象的な表現が多いのも事実。たまに他所様のブログを見ると、こんなアタリマエのことをさも大発見のように書いたり、小さなネタを大きくふくらませて書いてるのを見ると、うちのブログは小難しいことを書きすぎているのかもしれませんね。


自分らが当たり前、常識だと思っていることが理解されてないからこそ、95%の人間が依然として負け組にいるのも事実。
だから、ちょっと目線を変えて今回から3回くらいを目安に、
「トレードルールの作り方講座」をやります。

 

では、まず質問。真剣に考えてくださいね。

あなたは何故トレードルールが必要なのか説明できますか?

さぁ、ちょっと考えてみてください。

 

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]

あんたのトレード見せてくれないか?

2014/04/05 カテゴリ:プロトレーダーの思考 コメント(8)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見せてくれないか?

嫁「そういえば、あなたのトレードって見たことないんだけど。
いろいろな局面でアドバイスはもらってるけど」
吉「一度一緒に打ってるじゃん。即効で糞ポジ作って悪戦苦闘してたから、全然こっちは見てないかもしれないけど」

つい先日あった会話です。
吉田は他人のトレードを見ることがためになるかといえば、
「役に立たない」という見解です。


百聞は一見にしかず。
もちろん、直接トレードしているところを見たほうが良いケースもあります。
ただ漠然と他人にトレードしているところを見せても、
双方にとって良いことはありません。場合によっては…

毒にしかならない

ずいぶんと極端な結論じゃないか?
こんな声が聞こえてきそうですが、ここ数年人に指導してきて行き着いた
結論です。


もちろん、吉田自身は師匠(為替和尚)のトレードは、なんども目にしてます。しかし、これが毒になってないのは、テーマを持って取り組んでいるためです


たまに、「ライブで打っているところを見せて指導をつけて欲しい」という声もあります。あまり人には教えたくないこともあるのもありますが、基本的にはお断りしてます。


それには明確な理由があるからです。

 

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]

なんでFXやらないの? 儲かるよ!

2014/03/29 カテゴリ:メンタル コメント(9)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんでFXやらないの? 儲かるよ!

友達がなんでFXやらないの? 5000円くらいすぐに儲かるよ。
○○もやったらいいのに…。
吉田さんどう思う? FXやってみたほうがいいかな?

女友達からの相談である。
彼女はFXをやっている友人が薦めているので、
儲かるなら自分もやりたいという質問だ。


吉田は間髪いれず「俺もFXはたしなむ程度にやってるけど、やめといたほうがいいんじゃないかな。損することもあるよ」と答えた。

それに対して彼女は

そっか。損するのは嫌だなぁ。
でも、この間友達がFXで儲けて、新しいバックを買ったらしい。
ちょっと勉強してからやれば大丈夫じゃない?
友達に教わろうと思うんだけど、どう思う?

この問に対して吉田はしばし考えた後にこやかに答えた。

「勝ち組の友だちが教えてくれるなら、大丈夫でしょ。やってみれば?」


こういう人は、うまくいった時のことしか頭にない
いくら忠告しても無駄。
何よりも相場はゼロサムゲーム。分捕り合戦の鉄火場だ。

養分がなければ森は豊かにならない

彼女が立派な養分になってくれることを願うばかりである(笑)。
5000円簡単に稼げるなら、それ以上のお金を飛ばす可能性があることを理解してない人が未だに多いと思う。
彼女は忠告よりも興味(自分の欲)が優っていたので、
その身を持って鉄火場のえげつなさを学んでもらえればと思う(笑)。
それも友人としての優しさでしょ(笑)?


※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]

あなたはチャートになにを表示してる?

2014/03/22 カテゴリ:トレーニング法 コメント(7)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いきなり質問です!
皆さんが使ってるチャート。表示されてる情報は適切ですか?

  • 気がつくと使ってないインジケータがある
  • 人に言われたチャートをそのままなんとなく使ってる
  • 時間足がさだまらず、意味なくタイムフレームを変えてる

どれかに当てはまるなら要注意ですよ。
結果が出てる人ならともかく、なかなか成績が良くならない人は、
まず目の前のチャートを見直すことからはじめませんか?
とあるトラックレコード(約20日間)

(※クリックで拡大できます)


ちょっとこのトラックレコードを見てください。
トレースされるのが面倒なので、時間とプライスは消しました。


約20日で+35,354円の収支です。枚数は5枚 (0.5lot=5万通貨単位)。
表示されてる画像で負けてるトレードは4回。28戦24勝です。
勝率にすると85.7%です。
これを良いと見るか悪いと見るかの判断はお任せします。


こんな書き方するとどこぞの情報商材みたいですね(笑)。
よくあるのは、特別な手法やインジケータの売り込みですが、
答えは「続きを読む」からどうぞ(笑)。

 

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]