あなたは知ってる? 自動と裁量トレードの差

2013/05/22 カテゴリ:機械と人間の差 コメント(7)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、師匠の為替和尚と一緒に秋葉原に買い物にいき、あらためて
メイド街となったアキバにため息をついている吉田です(笑)。


目的は動画撮影用の機材、三脚や照明機器なんですけど、これらの
購入です。ずっとおまたせしている動画は、そのうち師匠から朗報が
来ると思うのでもうしばらく待ってね。


さて、2人そろうと決まってFX自動トレードの打ち合わせをするのが
慣例になっていますが、この日も開口一番はその話題。

吉田「師匠! 昨日のヘッジのヘッジのパッチって、何のおまじないですか?」
師匠「ああ、それな。吉田っちならわかるやろ!」
吉田「SMSに何の脈略もなく、ヘッジのヘッジってどう? って書かれてもわかりませんよ(笑)」
師匠「勢いでブログにも書いてしもうたけど、ヘッジのヘッジと相関関係はわかるやろ?」
吉田「ブログ記事で、ああ、あれのこと言ってるのねとわかりましたけど…」

こんな感じではじまり2人の会話は始まり、最近の師匠はいうことがますますパンピー(笑)から離れてきたなぁと感じる次第です。
2人の会話が素で通じる人はほとんどいないでしょうね。


で、ヘッジのヘッジのパッチの説明を改めて聞き直して、「どやろ?」と
返事を待つ師匠への返答が、

裁量向きですね!

師匠とはじめて会ったのは5年前。しかし、この頃はすでに勝ち組で、
たいそう稼いでいたにもかかわらず、現在も自分のトレード技術を
磨いているんです。
自動トレード用のシステムのお願いをしても、いつの間にか
裁量トレードの方に寄ってしまう。


これは無理に自動によらないほうがいいと、以前得た教訓から来てますけど、それでも自分なら「こう打つ」って方向にいつの間に寄ってます。


これはこれで構わないのですけど、改めて今回のお題目である
「自動と裁量トレードの差」について、考えさせられたわけです。

自動と裁量にどんな差があるか、続きを読む前にちょっと
考えてみてください。

 

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]

なぜ稼ぐトレーダーはマルチモニターなのか?

2013/04/28 カテゴリ:機械と人間の差 コメント(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

稼ぐトレーダーほど、モニターの数を増やしているのが実情ですね。
ネットでよく目にするマルチモニターは別にパフォーマンスで作ってる
わけじゃなくて、必要だからあれだけの画面数になってるわけです。
トレード用PC

Google画像検索より


さて、妙な出だしで始まりましたが、日々プロトレーダーの考えをいかに自動化するかに苦心してる吉田です。
先日、恒例の自動トレード開発会議がありまして、その時にぽつんと
師匠の為替和尚が言った言葉が今回のお題です。

 

さて、続きを読む前に、ランキングポチとマルチモニターが必要な
理由をちょっと考えてみてください。

 

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]

あなたは知ってる? 自動と裁量トレードの差

2013/04/25 カテゴリ:数値化, 機械と人間の差 コメント(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、春の自動トレード開発強化期間です!

自動と裁量トレードの差
師匠(為替和尚)が、飲食店の開店準備でまるまる3ヶ月間時間を取られてしまい、その間の自動トレードの開発は滞っていました。


ちょうど、吉田も急ぎの仕事があり、お互いに自分の仕事に専念しましたが、4月から双方のかかえる仕事が一段落したこともあり、自動トレード開発が本格的に再開です!


週に1度は自動トレードの会議がありますけど、その中で常に話題になっているテーマがあります。それはズバリ…

裁量トレードと自動トレードの差

です。ウチのブログのタイトルの「FXで完全機械化は可能か?」を地で行く内容で、真剣に議論すればするほど、この問題がクローズアップされます。


吉田と師匠は自動トレードシステム開発に5年ちかく取り組んでるんですが、やっぱり最終的には機械と人間の差に戻ってきてしまうのです。


では、毎回問題になる「裁量トレードと自動トレードの差」とはなんでしょう? 続きを読む前に、ちょっと考えてみてください。

※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

[続きを読む]

奮戦記:トレンドの正体ってなに?

2013/02/28 カテゴリ:数値化, 自動トレード開発奮戦記 コメント(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トレンドの正体って何

前回までのあらすじ(目の前にある危機にどう向き合うか)

1日200pipsという驚異的なパフォーマンスを叩き出した「トレーディングエッジ」だったが、ロジックに利用していたインジケータのリペイントの問題が発覚し、検証通りのパフォーマンスがでないことがわかった。

トレーディングエッジは、もともとドテンを狙ったシステムであるが、トレンド相場の時にはこれが裏目に出てしまう。そこでトレンドの概念を加えたところ、トレンド相場の問題は収まったが、ドテンのエントリータイミングはかなり遅くなってしまった。


また、ストップ幅を広げたため、ドローダウンも大きくなったのも問題である。パフォーマンスをあげるには、リペイントの問題に再度取り組むか、もともと負けていたレンジ相場でのパフォーマンスを改善する必要があった。


※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください。

[続きを読む]

自動売買開発が裁量トレードを強くする5つの理由

2013/01/08 カテゴリ:機械と人間の差 コメント(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はちょっと視点を変えた記事書きますね。

自動売買開発が裁量トレードを強くする5つの理由

ウチのブログは、「プロトレーダーの思考を完全に機械に落とし込んだ
自動トレードシステム開発」がメインテーマなんだけど、
その過程を記事にしてみんなに読んでもらうことは、裁量トレーダーにも
いい影響があるんですよ。

 

吉田と師匠(為替和尚)は、2009年6月から自動トレードシステム開発
に着手し、もう4年半も経ってる。
いくつか記事にしてるけど、システム開発はほんとうに大変!


でも、その過程でいろいろわかったことがあります。
それが今日の記事のメインテーマ「自動トレードシステム開発が裁量トレードを強くする5つの理由」なんです。

[続きを読む]