足せば足すほど深みにハマる! トレード蟻地獄

2013/01/15 カテゴリ:自動トレード開発奮戦記 コメント(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

短期、中期、長期の流れを組み合わせた「パトリオットNeo」は、
トレンドフォローのジレンマを打ち破れるのか?

足せば足すほど深みにハマる! トレード蟻地獄
この問題は、インジケータとローソク足の関係をどう扱うかを、
とことん考えさせられました。

 

「長期トレンドに対して順張り」、「短期トレンドは逆張り気味の順張り」というのが、為替和尚が提唱する最良のエントリー。
タイミングが早すぎれば、エントリー直後に即逆行される。
タイミングが遅すぎれば、獲得できる利益幅が大きく目減りする。


自動だけでなく、裁量トレードにおいても、この問題は難しいものです。
この問題にどう取り組んでいったか?

さぁ、自動トレード開発奮戦記の続編。御開帳。

 

[続きを読む]

プロフィットが出ない!! 終わりなき犯人探し

2013/01/06 カテゴリ:自動トレード開発奮戦記 コメント(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィットが出ない! 終わりなき犯人探し

24時間稼働する自動トレード用のシステム「パトリオット」
このルールをつくった経緯については「意思疎通に必要な条件は?」
を読んでください。
で、細かいルールは「トレンドフォローの落とし穴」参照。

 

師匠である為替和尚は、スキャルピングの達人だ。
吉田も横でトレードをするところを何度も見ているけど、まず下手を打つことはない。1回1回のエントリーでミスがあっても、最終的にプラスに持っていく技量がある。


でも、最初に作った自動トレード用ルールは、スキャルピングではなく、どちらかと言えばデイトレード。24時間稼働するシステム向けに、波の流れを全て取るという発想から来ている。

 

この発想自体は悪くないのだけど、お互いの意思疎通が不十分で、自動トレードそのものを勘違いしていた吉田と師匠は、自動トレードシステム開発を甘く見てました。

 

チャートを見ながら作ったルールは、「これならイケルだろ」と思ってたけど、フタを開けてみると全然イケてない。

 

プロフィットが出ないんです。
そして、そこから終わりなき犯人探しの旅が始まります。

[続きを読む]

錦糸町の誓い 目標と決意

2013/01/04 カテゴリ:自動トレード開発奮戦記 コメント(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

錦糸町の誓い

新年あけましておめでとうございます。
新年になると、今年の抱負って書いたり宣言したりしますね?
しない? 駅伝見ながら酒飲んでる?

あかんでしょ。やはり、新しい年になったら、その年の目標を決めないと!

 

吉田は年明けに決めるわけじゃないけど、年末に1年を総括してから
次の年の目標を決めます。今年のテーマは「育成」です!

(なにを育てるかは皆さんの想像にお任せします……笑)

 

今日は目標設定にちなんだエピソードをば。

 

吉田と師匠(為替和尚)が、はじめから良好な関係ではなく、お互いに
手探りの状態から始まったことは、「自動トレードシステム開発の原点」
で語った通り。


でも、今は師匠は吉田に対して全幅の信頼をおいてくれる。
こうなるまでにはいくつものハードルがあったけど、最初のきっかけに
なったのが今回の「錦糸町の誓い」っていうエピソードなんです。

 

2009年9月某日のこと。

[続きを読む]

意思疎通に必要な条件は?

2012/12/27 カテゴリ:自動トレード開発奮戦記 コメント(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近の記事でなんどか登場した「パトリオットシステム」
このシステムは、2009年12月につくられたルールです。

 

しかし、パトリオットシステムは、チャートこそ1分足を使っているものの、
スキャルピングではなくデイトレードのシステムなんです!

意思疎通の条件は

もともと、師匠(為替和尚)のクローンを作るのがスタートラインなのに、
なぜこのルールの発案にいたったか。


今日はその背景をふくめて、吉田や師匠の歩んできた道を紹介しますね。

[続きを読む]

為替和尚が「プロ」をなのる理由

2012/12/17 カテゴリ:自動トレード開発奮戦記 コメント(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

師匠(為替和尚)と初めて会ったのは、2009年6月の名古屋。

師匠は「自分のロジックを自動化できないか?」という悩みを抱え、
吉田は「きちんとしたFXの理論を教わりたい」という悩みを抱えてた。

こんな悩みを抱えた2人が、ひょんなことからパートナーとなり、4年以上も自動トレードシステムの開発に打ち込んでるわけです!

無題1

和尚はこの時点で、プロトレーダーとして成功しており、他のトレーダーよりも自分のエントリー根拠を明確に説明できる人でした。裁量トレーダーですけど、かなりシステムトレーダーよりの考え方をしている人だったのです。

 

でも、吉田が「この人と一緒にやる」と決意したのは、

他の人と決定的な違い

があったから! その決定的な違いとは?

[続きを読む]