あっ! あなたの勉強法間違ってますよ!

2014/07/14 カテゴリ:トレーニング法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの勉強法間違ってますよ

トレードシステムの開発の最中で、身動きの取れない吉田です。
今日はちょっとした小話を。
みなさんは、トレードについてどのように勉強してますか?

  • 本を読んだ。
  • ブログを読んだ。
  • 商材を購入した。
  • セミナーを聞いた。

このへんですかね。これらで基礎知識を得て、あとはいきなり実戦という人がほとんどだと思います。


でも、このやり方では、ほとんどの人は勝てません。
または、勝てるまでにだいぶやられることになります。


今回は多くの人が勘違いしている「FXの勉強法」について解説します。


※ブログランキング参戦中。よかったら応援してください

 

みなさんは自動車の免許ありますか?

皆さんは自動車の免許持ってますか?
ペーパーかどうかは別として、ほとんどの方が自動車の免許を
持っていることだと思います。
吉田も賞罰欄に唯一書ける資格です(笑)。


では、免許はどうやって取得しましたか?
そうですね。「自動車教習所」にかよって、知識と運転技術を学んだ後に、試験を受けて免許を取得したはずです。


しかし、なんで「自動車学校」じゃなくて「教習所」なんですか?


何かを修得する場合、「学校」や通信教育という手段を利用することがほとんどでしょう。学校をスクールや教室などと読んでいることもありますが、実態は座学中心の学校がほとんどでしょう。


しかし、自動車は「教習所」と呼んでいます(名称は道交法で決まってるんだけどね)。学校というと座学をイメージするのに対し、教習所は実技もセット。


そう、大事なのは…

知識と技術の両方を教える

これです。


FXや株など相場に関することは、学校以前ですね。
体系化された知識でない上、ほとんどの人が本やブログを読めば勝てると勘違いしています。


これが車の運転ならどうですか?
教本読んだだけで、いきなり運転できるとは思いませんね?
実際に車に乗って、練習することでさまざまな運転技術を身につけます。

 

FXの習得も教習所型

FXで勝てるようになるには、本やブログ、セミナーを受けるだけではダメです。実際にチャートに向き合い、知識に加えて技術と実戦経験を身につける必要があります。


本を読んだだけで勝てるようにはなりません。
実戦経験による練習が不可欠です。


しかし、多くの人は、表面的な知識(極端な場合は、エントリールールだけ)でいきなり相場に飛び込みます。


もちろん、知識も必要です。
しかし、車と同じで技術と実戦経験がそれ以上に必要なのです


当たり前のように使ってる知識や技術のほとんどは、地道な実戦経験のくりかえしで習得しています。身近なところでは、読み書きと算数。小学校の頃に、漢字を覚えるために、なんども同じ字を書いたことを覚えてませんか? 算数の四則演算もくり返し計算問題を解きました。九九を覚えるときも、なんども暗唱しました。

見聞きしただけで身につく技術
はほとんどない

チャートは同じような動きにみえますが、昨日と同じチャートはまず現れません。これは車の運転も同じ。一般道や高速道路は、同じ道に見えてもその時に通っている車やドライバーはまったく別のものです。


車を運転している時、ウィンカーの操作やシフトレバーの操作をいちいち頭で考えないように、相場の世界もチャートを見てトレンド方向や、戦局、注意スべき節などを、瞬時に判断できるようになる必要があります。


特にスキャルピングのように、エントリーのタイミングで勝敗が大きく左右されるスタイルの場合は、目で見て考えてからでは遅いのです。


エントリーまでに必要な分析が車の運転のように自然にこなせるまで、ひたすら実戦経験を積む必要があります。
でも、これではお金がいくらあっても足りませんね。
だから、その分検証と実戦を想定した練習をくり返すのです


こう考えると、結構地道な作業が必要なんですよ。


車の運転も、レーサーのような達人になると、車の姿勢制御などの操作はごく自然に行えます。その上で、レースに勝つためのマネージメントや戦略を淡々とこなします。


トレーダーも達人の領域になると、基本的な分析は一目見て済ませ、
トレードというよりは作業に近づいていきます。
間違っても、トレンドの方向やエントリーポイント、
損切りのポイントに頭を悩ませることはありません。

勝つために必要な戦略に
意識が集中しています。

エントリーしてから逆行に悩むのではなく、より高度な戦略に意識が向くようにしたいですね。そのためには、地道な検証や練習を避けずに相場に向き合うことが肝心ですよ。

人は反復練習をしないと、自然な動作は出来ないヨ

ブログランキング

この記事に対するコメント

6 件のコメント

  • お宮
    2014/07/15 23:13

    吉田章太郎様

    こんばんは!

    自然な動作!これはスポーツも同じですね!

    プロの技を見ていきなり実践で使うのは無理ですね!

    何度も見て、一つ一つの動きをまずは頭で考え、分析し、一つ一つの動きを練習、一つできれば(自然にできるまで)次の動きへ、また繰り返し、、、練習、実践、練習、実践、、、

    初めは下手糞、しかし、ひとつの事に集中し練習しつづけると、いつの間にかスムーズにスピーディーに自然にできるようになっていた!
    (正確には身体が勝手に動いていた!)
    (頭で考える暇はない!)

    頭で考えてる相手はすぐにわかります!
    (動き、反応が目茶苦茶遅い!)
    (こっちが仕掛けると焦りだす!)
    (ミスを連発!)

    守りながら攻める時と一方的に攻めるのが好きでした!

    どれも一言でまとめると、『練習不足』なんですよね!

    同じ事を何度も何度も!

    最終的には一連の流れが自然にできるようになりますね!

    長くなりました!関係ない話ですみません!

    トレードも同じなのに、、、一つ一つが明確になってない証拠ですね!

    もっと検証して実践で鍛えないと駄目ですね!

    何ができて何ができていないのか?、、、自分は何を練習しているのか?、、、

    またまた貴重な記事ありがとうございます!

    お宮

  • まつもと
    2014/07/16 08:10

    相場は知識だけで勝てると初心者の頃、信じていました(^^)

    それが原因で凄く悩みまくっており、随分長い初心者をやっておりました(笑)

    いまはどうかと言われると、毛の生えた程度ですが(笑)

    動くチャートを見て、相場の呼吸の様なことが感じとれる様になってくると、今まで車に乗り込む手前から、あーだこーだと悩んでいたのだな〜、と思います(笑)

    あ!先日は良いゲームを教えて頂きありがとうございました(^O^)
    はまっております、はまっております(大事な事なので…以下定型(笑))

  • 2014/07/17 11:32

    To お宮さん

    実戦は練習のごとく。練習は実戦のごとく。
    誰が言ったか知りませんけど、スポーツにせよ、実際の戦闘にせよ、
    練習や演習でやったことしか出せないのだと思います。

    先ごろサッカーのWCも終わり、日本代表がしきりに「自分たちのサッカー」
    という言葉を使っていましたが、相手も練習通りに動かせないように
    作戦を練ってきますから、練習通りに行くはず無いのです。

    トレードも同じで、チャートの向こう側にいる人達はいかに相手の
    お金を自分の懐に持ってくるかを考えているので、なかなか教科書
    通りにはなりません。

    凡人は練習したことしか出来ないので、ひたすら練習(あるいは検証)
    に励むよりほかはないと思います。

    ファンドに預けられるだけの玉があるなら別ですが、少ない資金で
    勝ち残るには練習あるのみですね。

  • 2014/07/17 11:35

    To まつもとさん

    知識は大事です。
    でも、これを昇華して知恵にかえないことには、単なる物知りで
    終わります。テクニカルを語らせると止まらない人も世の中にいますが、彼らは結果が残せてません。
    単なる物知りで終わっているためです。知識を自分の血肉に変えて、知恵まで持っていかないと役には立たないでしょう。

    >あ!先日は良いゲームを教えて頂きありがとうございました(^O^)

    これは良かったのでしょうか(笑)。
    同じ世界にいるのでいつか襲ったり襲われたりするのでしょう(笑)。
    その時には迫撃砲で蹴散らすので、遠慮なく攻めてください(笑)。

  • まつもと
    2014/07/17 12:16

    >その時には迫撃砲で蹴散らすので、遠慮なく攻めてください(笑)。

    噴飯しましたwww

    おっしゃる通りの事も十分考えられます(笑)

    その時は お手柔らかに…と、いってもユニット達は常に全力投球ですね(笑)
    せめて襲われた時は ペンペン草くらい残る様にしておきたいです(笑)

  • 2014/07/17 14:42

    To まつもとさん

    ランクが上がってくると、全滅は難しいですよ。
    相手の防御施設を完全に無効にできれば別ですが。
    一目見てすぐにこちらだと気づきはずなので、その時は
    よろしゅう(笑)。

コメントを残す