意外と知らない資金管理の基礎の基礎

2012/12/13 カテゴリ:相場の考え方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

意外と知らない資金管理の基礎の基礎

読者の方から質問が上がった「資金管理」の話をしますね。
質問の内容は…

分割売買について書かれていたので、少しやってみたんですが上手くいかず収拾がつかなくなって混乱してしまいました。また「理屈でまず、勝てるルール(資金管理)」というのは、モンテカルロ法などのことを指してるんでしょうか?

2つ質問があがってますね。何事にもまず自分でやってみる姿勢はいいと思います。でも、「収拾がつかず混乱した」とあります…。

 

当たり前です!! 「分割売買」は理屈をきちんと頭に入れて、何度も練習しないと使えない技術なんです。闇雲にやったら、口座がすぐにふっとびますよ(笑)。

 

今日はギャンブルに例えて、資金管理の基本になる考え方を説明したいと思います。

 

期待値とオッズ

師匠(為替和尚)が、競馬に例えていたので、うちもその方向で。
中央競馬はフルゲート18頭ですが、ものすごい強い馬が2頭いて、他の馬が出走を回避し、結局出走頭数2頭になったと仮定します。

東京競馬11R 芝2400m G1 「為替和尚記念」
馬名 騎手 オッズ
1 1 アガリキャップ 河内洋 2.0
2 2 サガリマックイーン 武豊 2.0

しかし、サガリマックイーンとは、ツキが落ちそうな名前ですね(笑)。

 

実力拮抗なので、2頭についたオッズは2.0倍。あなたの資金は1000円だとします。さて、あなたならどう賭けますか?

(1)2頭に均等に賭ける

どっちが勝つかわからない。だから、2頭に500円ずつ賭けよう! 出走馬すべてに賭けるので、的中率は100%ですね。

 

100%的中するので、2.0×500円=1000円。つまり、「チャラ」です。
馬券を勝ってもチャラということは、参加してもしなくてもあなたの資金は変わらないということです。

 

これではおもしろくない。あなたは思うでしょう。

(2)1頭に満玉賭ける

オッズは拮抗している=実力伯仲。なら、どの馬買っても期待値は1/2だ!

そこで、あなたは1番アガリキャップに満玉1000円を投入します。
当たれば2.0×1000円=2000円。資金が2倍になります。
外れたら資金は0円。あなたの資金はすべてなくなります。

 

しかし、1/2の勝負とはいえ、1回の勝負ですべての資金をリスクにさらすのは、「博打」以外のなにものでもない。

 

でも、知らず知らずのうち、熱くなってこういうギャンブルトレードになっていることが結構あるんですよ。
これを投資に変えるには、リスクをコントロールする必要があるんです!!

胴元の取り分(控除率)入れると?

競馬には胴元(JRA)がいます。2頭出走して、どちらも2.0倍のオッズだと、胴元の取り分がないですね。だから、オッズというのは目減りするのです。

東京競馬11R 芝2400m G1 「為替和尚記念」
馬名 騎手 オッズ
1 1 アガリキャップ 河内洋 1.5
2 2 サガリマックイーン 武豊 1.5

これならどうですか?

 

同じオッズなので、期待値はやはり1/2です。どちらに張っても同じです。しかし、オッズが胴元の取り分だけ目減りしているので、500円ずつ張っても、500円×1.5=750円となり、2頭にかけて的中しても資金は目減りしちゃいます(「FXで勝つための2つの条件」という記事を参考にして下さい)。

 

この条件で勝つには、バランスを崩して資金配分の比率を変える必要があります。バランスというと、ついつい両建てを思い浮かべますが、どちらかに1頭だけを買う片ばりもバランスを崩した状態と言えます。

 

2頭を買うのが50%-50%のバランスだとすると、「アガリキャップ」1頭だけを買うのは、100%-0%のバランスだと言えます。

 

オッズが拮抗している状態というのは、FXでいうとレンジ状態ですね。
でも、いつまでもレンジは続かないので、オッズもたいていばらけます。

アガリキャップ  2.0倍

サガリマックイーン  3.0倍

※例えを単純にするために、控除率を無視します。

これだったらどうですか? アガリキャップに人気が集まり、1番人気になってます。みんなが、この馬が勝つと思っているから、馬券が売れて人気になります。サガリマックイーンは名前で敬遠されたのか、やや人気がないです。

 

オッズは、みんながこの馬が勝つと思えば人気になってオッズは下がり、勝ち目が薄いと判断されれば倦厭されて人気薄になります。
相場の場合、市場参加者が上がると思えば、買い方向に偏るし、下がると思えば、売り方向に偏る。つまり、

オッズの仕組みと市場心理
は似ている

ちゅうことです!


さて、バランスの話に戻ると、オッズがバラけているので、1000円満玉を

アガリキャップ  2.0倍×700円=1400円

サガリマックイーン  3.0倍×300円= 900円

人気のアガリキャップに多めに賭けました。サガリマックイーンが勝った場合は収支がトントンになるように配分します。

 

アガリキャップが来れば+400円の利益。サガリマックイーンが来ると-100円です。でも、2頭買っているにもかかわらず、資金配分は均一じゃないですね。これが

バランスを崩した状態

なんです! もともと、実力拮抗だったから、期待値は1/2だったはず。でも、アガリキャップ有利と見るや、アガリキャップのほうが人気になる。だから、あなたもアガリキャップが来る確率にかけて、「資金配分のバランスを崩して」アガリキャップに厚く賭ける。

 

その結果、アガリキャップが来れば、+400円のリターンを得られ、サガリマックイーンが来た場合には、逆に-100円の損をします。
つまり、リスクは-100円、リターンは+400円。「リスクリワードレシオ」は1:4になります

追い上げとの違い

最後に、追い上げとバランスの違いを書きます。
追い上げは、基本的に片バリでつかうものです。さきほどの例でアガリキャップの2.0倍にかけ続けたとしましょう。アガリキャップが来る期待値は1/2です。

 

1回目: 賭け金=100円  不的中

2回目: 賭け金=200円 不的中

3回目:賭け金=400円 的中  400円×2.0=800

収 支: 100円=払い戻し(800円)-賭け金(700円) 

これが基本です。マーチンゲール、モンテカルロ法、ウィナーズ、馬法の方程式など、さまざまな追い上げ法がありますが、追い上げをひとことで説明すると

的中率を次回投入資金
でコントロールする

ってことなんです!!


さぁ、まとめますよ。

 

「バランスを崩す」というのは、基本両建て(全通り買い)です。でも、どこかのタイミングで資金配分を変えて、儲けの出そうな方に厚く賭けるやり方です。

 

「追い上げ」は、基本片張りです(不的中リスクあり)。だから、不的中のリスクを次回投票金額を変えてコントロールするやり方です。

似て非なるものです!!

こう書くと、違いがわかってもらえると思います。
とりあえず、まずしっかりとした根拠でエントリーできることが先決ですね。

自分のルールをキチンと明確にするのが先決ダヨ

ブログランキング

この記事に対するコメント

12 件のコメント

  • 益子
    2012/12/13 19:06

    今回の記事ありがとうございます。すごくわかりやすかったです。
    和尚さんの記事だと余計わからなくなってしまいモヤモヤしていたのが晴れました。ただ、これをFXでどう使っていくか、またこれを反復練習してできるようにならないとだめですよね。初心者はまずこれを
    何度となくやったほうがいいという例があったら書いてもらえるとありがたいです。今後も楽しみにしてます。

  • まつもと
    2012/12/13 21:56

    とっても面白いです!
    またの更新を楽しみにしております^^

  • 2012/12/14 10:13

    FXに応用するには、まず上記の基本的な考え方を腑に落とす必要があります。
    この記事は原理を説明しているにすぎないので。
    資金管理はたしかに大事です。特に大事なのはリスクリワードレシオの考えです。記事の中でちょっと触れている、アガリキャップに満玉つっこむのくだりの部分をまず意識してみて下さい。

    1000円しかないのに、1000円すべて賭けるというのは、期待値が1/2の勝負とはいえ、やはりバグチをうっているとしか思えないです。
    ダメだったらどうしようを念頭に置く必要があります。

    自分の勝率(期待値)に対して、どのぐらいの損切りライン(リスク)を設定すべきか、紙の上でエントリーと損切りラインをきちんと決めるところからはじめてみてはどうでしょうか?

    分割売買とかはその先の話ですよ。

  • 益子
    2012/12/15 08:18

    「紙の上でエントリーと損切りラインをきちんと決めるところからはじめてみてはどうでしょうか?」これ、自分できてないです。やってみます、ありがとうございます。

  • 匿名
    2013/03/30 01:11

    こんにちは
    アガリキャップ 2.0倍×700円=1400円
    サガリマックイーン 3.0倍×300円= 900円
    とした理由が理解出来ませんでした

    例えば、どちらかになる確率が不明だが確実にどちらかになるのであれば、
    単なる裁定取引の機会となり
    アガリキャップ 2.0倍×600円=1200円
    サガリマックイーン 3.0倍×400円= 1200円
    とも掛け金を振り分けるのが合理的と思います。

    もしくは、どちらかになる確率がそれぞれ1/2と見込むのであれば
    アガリキャップ 2.0倍×500円=1000円
    サガリマックイーン 3.0倍×500円= 1500円
    が損を限定する最適な振り分け方と思います。

  • 2013/03/30 08:22

    匿名さんはたぶん戻ってこないと思いますので、同様の疑問を持った人のために、記事の趣旨に沿った回答を書いておきます。

    もともとは、1/2の確率のものを両方買うわけだから、同じ金額を投入すればいつまで経っても損得なしの状態が続くってことです。これがオッズ1.5倍のとき。

    質問にあった

    アガリキャップ 2.0×700円
    サガリマックイン3.0×300円

    のくだりですが、まず予算は1000円なので、それを超える金額設定をしている匿名さんの数値設定は論外です。
    大事なのは、確率が1/2であればオッズは1.5倍ずつになっているはずです。しかし、2.0と3.0となっているということは、アガリキャップのほうが人気があるといえます。人気があるというのは、FXでいうと買い圧力が強め、売り圧力が強めという状態を指します。

    つまり、両建ての状態でも圧力がかかっている方向にバランスを崩せば、利益が出るというのが記事の趣旨です。そのあと赤字で「バランスを崩した状態」と書いているのでわかると思います。

    常に1/2の確率というのは机上の空論であり、相場で言うとどこまで言ってもレンジ相場だといえます。だから、基本は圧力の高くなった方向にバランスを崩すのが正解です。

    オッズが高い方により大きく貼るというのは一見合理的ですが、みんなが買わない方により大きく貼るというのは、相場に置き換えると逆張りになります。

  • 匿名2013/03/30 01:11
    2013/03/30 12:06

    早い回答恐縮です。
    私自身競馬のことはあまり詳しくありません。
    何か致命的な勘違いをして、ゲームのルールを理解できていないのでしょうか。

    ゲームのルールは以下を想定しています。
    誤っているのであればこの記事で想定しているルールを具体的に提示していただけると理解が進み助かります。
    1.アガリキャップ 当たると掛け金の2.0倍返ってくる(発生確率a)
    2,サガリマックイン当たると掛け金の3.0倍返ってくる(発生確率b)
    3.どちらにもならない可能性は0(つまりa+b=1)

    なお、
    アガリキャップ 2.0×700円
    サガリマックイン3.0×300円
    は、ブログの記事からの引用です「この数値設定は論外」なのですか?
    混乱します。

  • 2013/03/30 12:39

    競馬を例に出しているのは、元々の師匠のブログの記事が競馬を
    例にしていたからです。
    あくまでも、資金管理の例で筋道を立てて記事を書いているので、
    もう一度きちんと読んで頂けると趣旨が伝わると思います。

    ちなみにオッズというのは、みんながその馬が勝つと思えば下がります。
    当然人気サイドになればなるほど、勝率が高くなります。

    ゲームのルールが問題なのではなく、2頭立てのレースで2頭全部買えば
    的中だけど儲からないという思考ゲームです。

    1.アガリキャップ 当たると掛け金の2.0倍返ってくる(発生確率a)
    2,サガリマックイン当たると掛け金の3.0倍返ってくる(発生確率b)
    3.どちらにもならない可能性は0(つまりa+b=1)

    上記ですが発生確率はすでに歪が発生しているのでa>bになります。
    発生率が同じa=bでオッズだけ高いというのは、ありえません。

    だからコメント中の
    >もしくは、どちらかになる確率がそれぞれ1/2と見込むのであれば
    > アガリキャップ 2.0倍×500円=1000円
    >サガリマックイーン 3.0倍×500円= 1500円
    >が損を限定する最適な振り分け方と思います。

    というのがすでに前提がおかしいといえます。
    期待値(発生率)が同じで、片方のリワード(オッズ)が高いというのは
    すでにイカサマが行われていると言えます。

    >は、ブログの記事からの引用です「この数値設定は論外」なのですか?
    混乱します。

    コメント中の数字を読み間違えました。その部分は無視してください。

    ながながと議論をするつもりはありませんので、これで最後にしますが
    「数字云々」が重要なのではなく、「考え方」が大事なのです。
    競馬の場合、全通りの馬券を買えば的中率は100%です。

    FXの場合も売り買い両建てにすれば、常に的中率は100%です。
    でも、売り買いのバランスを変えないと、儲からないのでどうしますか?
    というのが記事の趣旨です。

  • 匿名2013/03/30 01:11
    2013/03/30 16:42

    再度ありがとうございます。
    とにかく、ゲームのルールを正しく把握したかったのです。
    それが不確かでは空中戦になりお互いに納得した結論が出せません。
    私は記事を読み直して理解に努めました。
    可能であれば、この機会にこのブログで主張されている両建の必要性というものを理解したいのです。
    色々考えていたらコメントが長くなってしまいました。すみません。

    要点だけ先に述べると、
    アガリキャップ 2.0倍
    サガリマックイーン 3.0倍
    このオッズ自体が現実に発生し得なく、例として不適切である。
    これがここまでのやり取りの障害になっている気がとてもするのですが、いかがでしょうか。
    この例は適切ですか。

    以降は細々とした話しなので流していただいても結構です。

    以下、
    1.アガリキャップ 当たると掛け金の2.0倍返ってくる(発生確率a)
    2,サガリマックイン当たると掛け金の3.0倍返ってくる(発生確率b)
    3.どちらにもならない可能性は0(つまりa+b=1)
    を前提とします。
    念のため書きますが、a,bの大小は考慮する必要ありません。

    >ゲームのルールが問題なのではなく、2頭立てのレースで2頭全部買えば
    >的中だけど儲からないという思考ゲームです。
    私は儲かる例を提示できました。
    それはa+b=1である限りa,bの大小に依らない結論です。
    儲からない思考ゲームであればそのような例を出していただけると理解が進み助かります。

    >上記ですが発生確率はすでに歪が発生しているのでa>bになります。
    >発生率が同じa=bでオッズだけ高いというのは、ありえません。

    >期待値(発生率)が同じで、片方のリワード(オッズ)が高いというのは
    >すでにイカサマが行われていると言えます。

    私の話は一貫してa,bの大小については議論していません。
    また、「発生率が同じa=bでオッズだけ高い」は起こりえますよね。
    オッズ(払い戻しの倍率)は人の期待に基づく値(相場で言えば行き過ぎた買いや売りの値に相当するもの)であり、勝つ確率a,bとは必ずしも一致しないものと想定して記述しました。
    実際の競馬はそうではないのでしょうか。
    (寺銭は無視した場合の)オッズと勝率は完全な反比例関係にあるのでしょうか。
    そうではありませんよね。
    そもそも勝つ確率a,bは類推こそ可能であれ完全に知ることは不可能ですし、人気の偏りでその関係には歪みが生じるはずです。
    そこに注目するのが今回の記事だと思っていたのですが私の勘違いでしょうか。

    オッズとa,bの歪みを狙って投機をしかける、という話なのかとも想像しました。
    その場合、

    3.どちらにもならない可能性は0(つまりa+b=1)

    で、3頭目以降の出走が必要です。
    3頭目以降が勝つ可能性は客観的に確実に0だが、アガリキャップやサガリマックインのオッズの数字を上げる(人気が下がる)ために
    誰か他の多くの愚かな人がその3頭目以降へお金を賭ける必要があります。

    最後に、私の一連のコメントのはじめに戻ります。
    アガリキャップ 2.0倍×700円=1400円
    サガリマックイーン 3.0倍×300円= 900円
    と、700円、300円というそれぞれの数字の必然性は何でしょうか。

  • 2013/03/30 18:43

    事実はひとつ、解釈は無数なので、吉田の記事でどのようなことを考えてもらえるかは、その人次第だと思っています。

    記事の中でオッズや賭け金を設定していますが、記事の趣旨として細かい数字なんてどうでもいいのです。
    必然性があるか? と問われれば、全然ありませんと答えるでしょう。

    オッズによる資金配分はFXには存在しません。
    オッズの歪による攻略法は、ギャンブルの世界にだけ存在します。
    吉田は異常オッズ分析を含めた競馬の専門家でもあるので、これについての答えも持っていますが、この記事の趣旨から大きくずれるので言及するつもりはありません。

    出走馬が2頭おり、オッズが2.0倍と3.0倍の意味するところをFXに置き換えるとどうなるか? ここを考えてみてください。
    くり返しになりますが、FXにはオッズはありませんよ。
    だから、数字が適切かどうかなんて考えること自体意味がありません。2.0倍に賭けるのも、3.0倍に賭けるのも自由です。

    オッズの歪を狙って投機をしかけるというという件は、元になった記事にもこの記事にも書いてませんよ。
    (それこそ、解釈は無数なので、そうとってもらっても構いませんが)。

    オッズに歪みが生じた記事の部分ですが
    >もともと、実力拮抗だったから、期待値は1/2だったはず。でも、アガリキャップ有利と見るや、アガリキャップのほうが人気になる。

    アガリキャップ有利=期待値が高いと見て、みんなが賭ける。つまり、1/2はここで崩れています。

    なお、URLはブログのリニューアル中なので、後日変わると思いますが、この記事はhttp://www.kawaseosyo.com/wp/2012/12/416/のフォローとして書かれています。

  • 匿名2013/03/30 01:11
    2013/03/30 21:45

    どうも煙に巻いてずばりの返答を避けていらっしゃるように見受けられました。
    いずれにしても私は両建の必要性を理解することができませんでした。
    堂々巡りになりそうなのでこれで終わりにしたいと思います。
    返信ありがとうございました。

  • 2013/03/30 23:02

    決して煙に巻くつもりはないですが、質問の意図が理解できずごめんなさい。
    結局、両建ての必要性を知りたかったわけですね?
    答えからいうと、必ずしも両建てにする必要性はありません。

    相場の波の頭と尻尾がわかっているなら。
    ウチのブログの趣旨はプロトレーダーの考え方をいかに自動化することです。
    ですから、師匠の考えで頭と尻尾を100%当てられない以上、機械うちでは
    必然的にそうなることがありますよ。

    全部は話せませんが。

    100%当てられるなら、両建ては不要だと思いますよ。

コメントを残す